野原家

絵を描くことの好きな夫婦のサイト。旦那はほのぼのイラスト・嫁は育児4コマをアップしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

漫画更新のお知らせ5月4日UP

webコミックサイトcomicoにて、毎週日曜日更新中のカラー漫画
『うふそー一族 』が更新されております。


12話 琉球菓子カミブサイビーン ※琉球菓子が食べたいのです


※「カミブサイビーン」は【食べたい】の方言です。


前回のちんすこうレシピからの流れで、琉球菓子の紹介です。主に琉球王朝時代からのお菓子を紹介してます。
(お土産やさんや沖縄のスーパーなどで手に入ります/一部はここだけの店舗でしか取り扱っていないお菓子もあり、漫画の後半に載せてます)


地元の人も知らないお菓子もあり、私自身初めて食べるお菓子もありました。
素朴だけど美味しいですよ~^^ 





【ガイドと歩く那覇まちま~い】というパンフに、「沖縄的スィーツ食べ歩き~首里近辺~」という企画を見つけまして、首里にある老舗の琉球菓子を食べ歩くことができると知りあおうさと一緒に参加してきました^^
首里の町並みを歩きながら食べ歩き&工場見学もあり、楽しかったです!

写真を何枚かUPしますね~

s85.jpg



工場見学は「新垣カミ菓子店」
(前回ブログでおすすめしたちんすこう「新垣菓子店」の兄弟店。
他に「新垣ちんすこう本舗」の計3軒があります。
琉球王朝時代に王家に仕える 包丁役(料理人)だった新垣しゅくきを始祖とする老舗が分家独立をして、それぞれ新垣の名前を名乗っているそうです。)


一つ一つ手作りの工場で、「花ぼうる」を作る職人さんが目の前でへらを使って形を整えていたのにはびっくり。そして手さばきが早い!
その横で、「くんぺん」のピーナツ餡を生地にくるんでいる様子をみたり、できたての「ちぃるんこう」を
試食させていただいたりでうまうまでございました^^

ここで直接買うこともできます。
お隣の店舗には「新垣菓子店」がありますよ~




他に回ったところは今回の漫画の内容に出てこないので、また別で紹介できたらいいなと思います~。



-------------------------------------------------
作品に対してのコメントなどありがとうございます^^

「花ぼうるのレシピを知りたい」というコメントを頂き調べてみたのですが、材料ぐらいしか分からずで;すみません;

・小麦粉、砂糖、黄卵だけで作り、水を使わず黄卵の水分だけで作られてます。


「くんぺん」のレシピはこちらのサイトをご参考ください^^
 http://www.kaeru.tv/recipe/detail/308/



他に
「知恵熱出るのは子供だけ」(そうでしたか;知らなかった;)
「大事なことなので二回言いました」(スマホだと同じコマが続いていたようです;PCで見ていたので気がつかず;)

大事に読ませていただいております~^^


------------------------------
・ガイドと歩く那覇まちま~い
http://naha-machima-i.com/
(色々なコースがあるので、観光で来た際にガイド付だとさらに楽しいかと。地元の人でも楽しめます^^)

スポンサーサイト
[ 2014/05/08 19:31 ] ぎんなんねこ 漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。